2013年10月30日

もうすぐフィナードの日 (追記あり)

昨日の夜からトンがソワソワし始めた
ヤル気もマンマンで女子を引き連れてガッツリ歩いて
これに続きひめとぶーも何やらソワソワし始めた

3名様とも何もない空中を見まわす。。。
玄関前でウロウロしたり
窓をひたすらジーッと見つめていたり…

帰ってきてるのかな…アルさん。。。

11月2日 アルとトンの故郷ブラジルは
『Dia de Finados』『フィナードの日』
「死者の日」とも言われていますが
日本で言うところの『お盆』です

日本人移民が多い土地ではこの日の夜に盆踊りや
燈籠流しをする移住地もあるほどです。

この日の数日前にお墓参りを済ませ
当日は心静かに故人を想う日です

s-CIMG7153.jpg

アル君…ママイはなかなか心静かになれないよ
目頭がアツくなりすぎて。。。

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


【追記】

アルがお話してくれた事 
僕はね、MIKIちゃんとの生活でたくさんの事を学んだよ
でもね、僕の魂が生まれた所に帰る時が来てしまったんだよ
MIKIちゃんとの別れは辛かったよ でも仕方がなかったんだよ
MIKIちゃん 愛してるよ Te amor
僕だけじゃないよ、皆がMIKIちゃんを愛している事を
忘れないでほしい。。。


ブラジル生まれ とても情熱的なアルさん
今朝も目覚めの直前に夢に出てきてくれたね
私の肩にそっと手をのせてくれて…とても暖かかった
そしてアルは私にこう言ったの。。。
「11月11日〜14日の間にブラジルに行こうと思ってる」って

アルの魂はブラジル・アマゾンに戻るのかな
そう思うと少しだけ気が楽になるんだ。。。

Nara Leão - Amazonas アマゾナス=アマゾン
アルの魂を感じながら。。。



歌詞の内容はこんな感じかな…あせあせ(飛び散る汗)
ブラジル歌ボサノヴァ=サウダーヂ@郷愁

【アマゾナス】
行こう  アマゾナスに帰る時が来た
街で郷愁(サウダーヂ)に包まれ私は泣いている
涙の川が海になるほどに

行こう 歌にギターを道連れに
独りで道を歩いていこう
歌で悲しみを追い払いながら

ハンモックを吊るしてモレーナとくるまって眠ろう
自由に夢見る 自由に空を飛ぶ鷺のように
カヌーで川を下っていこう
夢見る時間があることが良い人生なのだから

小屋を建ててモレーナと一緒に住もう そして愛し合う

自由になろう
アマゾナスの流れのように自由になろう
その波にまかせてすべるカヌーに乗って
海を目指して進んで行こう



ニックネーム Miki at 21:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする